柏高等技術学園の先生も日々勉強

柏高等技術学園で若者たちの教育に携わる教職員は、子供たちを教え育てる立場にいるため日々勉強しなければならないと、廣川萬里校長より指導を受けています。

特に、柏高等技術学園のように個性豊かな子供たちの通う学校は、なおの事。
人間力を磨かなければなりません。

近年剣道部を強化している柏高等技術学園剣道部。
そこに関わる教職員もまさに日々稽古です。
本物の剣道を生徒たちに伝えるため今日も稽古に励んできました。

そこでこんな言葉を師匠からいただきました。


「(りけんのけん)離見の見」これは世阿弥の言葉です。俯瞰で自分の姿をみる、客観的に自分のを見るということです。 剣道で言うなら、先生の教えを正しく表現、体現できているのか客観的に見るということ。
特に、審査や試合になると、自分が…どうのこうの…と意識が自分に向いてしまいます。
剣道は相手がいる武道なのに、相手より自分を優先してしまうことへの戒めの言葉だと理解し帰ってきました。

さて、これは剣道だけに留めていい話なのか?
いや!違う!!(自問自答)

教育の現場においてもとても大切なことだと考えました。
特に先生という立場になると、教えている自分に酔ってしまうことがあります。
一番大切なのは、目の前にいる生徒。
今、その生徒にとって何が大切かを考え、思いを巡らせ、見極めて行動できているか…?
離見の見でしっかりみないと先生とは言えません。



こんなお勉強をしてきた一日でした。
(勉強してきただけではダメ。しっかり行動すること。)←こう師匠より言われそうです。



------------------------------------
通信制高校
KTS 柏高等技術学園
〒277-0863
千葉県柏市豊四季1002-2
TEL :04-7192-6681
H P :http://www.kts-co.info/
Blog:http://blog.kts-co.info/
------------------------------------


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ランキングに参加中

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 通信制高校生へ

にほんブログ村 教育ブログへ

プロフィール

search this site.

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM