新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について

※以下と同様の内容を文書にて送付しております。6月前半の時間割も同封しておりますので、併せてご確認ください。

 

令和2年5月20日

全校生徒ならびに保護者各位

星槎国際高等学校

柏キャンパス

校長 廣川 萬里

新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について

【令和2年5月20日付改定】新型コロナウイルス感染症に対応した小・中・高等学校及び特別支援

学校における教育活動再開等に関するQ&Aを受けての通常登校開始へ向けた対応について

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 平素は本校の運営に対し格別のご理解とご厚情をたまわり、誠にありがとうございます。

 さて、政府から出された緊急事態宣言が全国的に解除されるには未だ至らぬところ、皆様方におかれましては、様々な面において苛立ちや不安を感じる日々が続いてしまっているところかと存じます。

時勢は少しずつかつての日常を取り戻すべく動き始め、現状8都道府県で継続されている緊急事態宣言も5月末を目途に解除の方向で検討されているところ、標題の件につきまして星槎国際高等学校柏キャンパスでは下記の方針へ再度対応を変更させることといたしました。

 関係各行政機関からの通知に従うところが大きい変更となりますが、ご理解の上、ご対応いただきたくお願い申し上げます。                                           敬具

1.首相からの要請を受けた休校措置ならびに休校措置解除へ向けた取り組みについて

  令和2年5月20日現在、星槎グループ内において感染の情報は受けていません。柏キャンパス単体におきましても感染・発症の情報はありません。

  緊急事態宣言が5月末を目途に解除の方向で検討されている現在、柏キャンパスにおきましても、これまでの取り組みを継続させつつ令和2年6月1日以降、これまでの対応から「かつての日常」へ一歩近づけた対応に変更させて行くことと決定しました。

(1)密を避けた分散登校の継続、段階的に「かつての日常」へ近づけた時間割の開始

   令和2年5月7日より継続している密を避けた分散登校を、関係各行政機関の方針に従い令和2年6月1日以降も継続させつつ、段階的に「かつての日常」へ近づけた授業時間構成で授業を展開していきます。

(2)令和2年6月1日(月)からの分散登校期間は「密を避ける」観点を継続しつつ、段階的に「かつての日常」へ近づける方針から下記のとおりとします。「時短」「少人数」「一般通勤者等との時間差」に配慮しつつ、徐々に「かつての日常」へ授業時間構成を寄せ、一日の授業時間数は短縮しつつも二学年同時進行へと移行させ、飛沫感染防止に十分な注意を払ったうえで昼食を跨いでの授業時間構成も徐々に取り入れ、接触感染防止への配慮も十分な注意を払い、換気・清掃の時間も十分にとった中で授業を展開していくこととします。

    午前登校 登校時間 10:00 下校時間 12:10

          HR   10:00〜10:10・12:05〜12:10

         1時間目  10:15〜11:05

         2時間目  11:15〜12:05

    午後登校 登校時間 13:15 下校時間 15:25

          HR   13:15〜13:25・15:20〜15:25

         1時間目  13:30〜14:20

         2時間目  14:30〜15:20

       一日登校 登校時間 10:00 下校時間 15:25

             HR  10:00〜10:10・15:20〜15:25

            1時間目 10:15〜11:05

            2時間目 11:15〜12:05

              昼休憩  12:05〜12:30

            3時間目 12:30〜13:20

            4時間目 13:30〜14:20

            5時間目 14:30〜15:20

(3)休校期間実施報告・密を避けた分散登校実施報告・6月1日以降の授業時間構成

    令和2年3月3日(火)から同年3月15日(日)延13日/授業9日

     ※令和2年4月30日付発送文書記載のとおり

    令和2年3月16日(月)から同年3月31日(火)延16日

     ※令和2年4月30日付発送文書記載のとおり

    令和2年4月1日(水)から同年4月9日(木)延9日

     ※令和2年4月30日付発送文書記載のとおり

    令和2年4月13日(月)から同年5月1日(金)延19日/授業14日

     ※令和2年4月30日付発送文書記載のとおり

    令和2年5月7日(木)から同年5月29日(金)延23日/分散登校17日

     ※上記期間は、感染拡大防止に十分配慮した中において、特別時間割で実施しました。分散登校に並行して、星槎国際高等学校指定課題レポートの通信・自宅学習も継続進行しました。

      年間授業実施時間数の都合上、分散登校中に開催したスクーリング授業に参加した生徒と、登校を控えていて参加が叶わなかった生徒との間に差異が生じないよう、夏季休業期間に代替日程でスクーリング授業を開催することで出席日数の合一を図ります。

      令和2年5月13日付文部科学省通知に従い、ゴ間中の授業日数等の原簿への記載は下記のとおりとします。

    イ.分散登校期間中に開催したスクーリング授業ならびに実施した通常授業に参加した生徒は出席扱いとします。

    ロ.分散登校期間中に開催したスクーリング授業ならびに実施した通常授業に新型コロナウイルス感染防止を理由に参加を見合わせた生徒につきましては欠席扱いとはせず、代替日程でのスクーリング授業ならびに通常授業を実施するものとします。

ハ.代替日程で開催するスクーリング授業ならびに通常授業を欠席した場合は、出席記録への記載を欠席と記載することとなります。

ニ.ゴ間中、分散登校の授業実施予定がない学年については「出席停止・忌引等の日数」として原簿に記録することとします。

    ホ.分散登校に並行して実施した通信・自宅学習で作成した教科レポートならびに課題レポートは必ず提出してください。教科レポートは1枚の完成につき当該教科の通常授業に1時間参加したものとみなします。

      課題レポートは総合的な学習の時間の通常授業に1時間参加したものとみなします。

    令和2年6月1日(月)から同年6月12日(金)延12日/登校10日

     ※上記期間は、緊急事態宣言解除後においても直ちに一斉登校とするのではなく、段階的に「かつての日常」へ近づけて行くリカバリー期間とし、5月末迄と同様、感染拡大防止に十分配慮した中において、「かつての日常」へ一歩近づけた特別時間割で実施します。

   令和2年6月15日(月)から関係各行政機関等の方針に沿わせた当面の期間

     ※上記期間は、関係各行政機関等の方針に沿わせ、一斉登校(通常登校)とする方向で検討しています。

      本書面発行以降、6月14日(日)までに関係各行政機関等から一斉登校を見合わせる旨の発表があった場合は、方向性を見直し、修正した方向性を明示した文書を発行するものとします。

2.「かつての日常」へ一歩近づけた分散登校期間中の生徒行動注意点

(1)生徒は登校中、特に感染拡大防止への配慮を怠らないこととし、他者への不要な接触、壁・ドア等への必要以上の接触を避けるとともに、マスク着用を厳守してください。また、仲間と集団で登校してくることは極力避け、他者とは適正な距離を保った中で登校してくるようにしてください。

(2)生徒は登校後、すみやかに校内の水道施設において手洗い・うがいを行い、マスクを着用して教室へ入ってください。校内における感染拡大防止の観点から、校内滞在中はマスク着用を厳守してください。

(3)校内水道施設には、接触感染拡大防止の観点からあえて手拭きタオル等を設置しない方向とします。手拭きタオル等は生徒各自で持参するようご協力ください。

(4)午前登校・午後登校・通常時間割登校ともに、授業終了後はすみやかに下校することを希望します。ただし、長期間にわたったステイホームによる精神的不安定を解消する目的で、教職員と話したい、仲間と時間を共有したいという際には、それを全面的に禁止することはしない方向とします。以下の注意点を守り、あくまで感染拡大防止を念頭に置いた中での分散登校であることを理解して行動するようにしてください。

    授業終了後に教職員と懇談を希望する際は、教室を離れ、職員室内に設けた懇談スペースに移動し、大人数で一度に集まってくることを避け、マスク着用を厳守して、時間はやや短めに懇談するようにしてください。

    授業終了後に仲間と懇談を希望する際は、教室を離れ、校内で十分に他者との距離が保てるスペースに移動し、大人数になることや小さな集団が近いところに集まってしまう状態を避け、マスク着用を厳守して、仲間との距離は適正な距離を保ち、時間は極力短めに懇談するようにしてください。

    授業終了後、生徒同士で連れ立って集団で下校することは禁止します。

    授業終了後、生徒同士で連れ立って買物や遊びに出かけることは禁止します。

    その他、時勢に沿った節度ある行動を生徒の皆さんには望みます。

(5)6月1日から6月12日までの分散登校期間中の授業日数等の原簿への記載は、令和2年5月13日付文部科学省通知に従い、本文書1−(3)−イ汎瑛佑箸靴泙后  既往症・体調により登校を控えたいと希望する生徒は、自身が在籍する学年の登校日にこれまで通り電話を入れ、既往症・当日の体調の報告を担当教職員へ伝え、代替日程でのスクーリング授業ならびに通常授業に参加してください。

   当日進めた課題レポートに対する授業の内容は、これまで同様後日ブログ等で配信します。

(6)6月15日以降の授業日数等の原簿への記載は、通常授業と同様の取り扱いとします。

   本書面発行以降、6月14日(日)までに関係各行政機関等から一斉登校を見合わせる旨の発表があった場合は、この決定を見直し時勢に沿った対応へ変更させることとします。

(7)今回の「かつての日常」へ一歩近づけた分散登校開始の背景には、柏キャンパスが所在する千葉県柏市立の小中学校が6月1日より「かつての日常」へ段階的に近づけた分散登校を開始し、6月15日から通常と等しい「一斉登校」を開始するという実態があります。時勢に沿った段階的な対応変更であることを申し添えます。

3.密を避けた分散登校期間中の教職員の動き

勤務の基本方針は「通常勤務」とする中で、時勢に沿い、教職員内ならびに接触する生徒間で感染者が発生しないよう十分に配慮した勤務をすることと定めます。

以上、この瞬間にも刻々と状況が変化していく中で、教育機関としての理念に沿いつつ、時勢に配慮した対応を取らざるを得ない状況があります。

できうる限り星槎らしい配慮・代替案を講じながら対応していきたいと思いますので、引き続きご理解のうえ、ご協力いただきたくお願い申し上げます。

以上



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ランキングに参加中

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 通信制高校生へ

にほんブログ村 教育ブログへ

プロフィール

search this site.

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM